2016年7月2日土曜日

もっと教えて?自民党のこと。

もうすぐ参議院選挙ですね。どちらに投票するにしても、「この道しかない」って自民党が進める政策を、これからも任せて大丈夫かどうか、って選挙ですね。

それで、今回は、自民党ってどんな政党か、自民党の人の発言から調べてみました。どちらを応援ってことはなくて、みんなが使える客観的な資料を提供します。投票の際の考える材料になるとうれしいです。

稲田朋美 自民党政調会長(次期首相候補)

国民のための生活が大事なんて政治は、私は間違っていると思います。いま私たちが生きているのは、私たちの今の生活だけが大事なんじゃなくて、先人から引き継いできた・・・世界中で、日本だけが、道義大国を目指す資格があるんです。

税金や保険料を納めているとか、何十年も前から日本に住んでいるとかいった理由で参政権の正当性を主張するのは、国家不在の論理に基づくもので、選挙権とは国家と運命をともにする覚悟のある者が、国家の運営を決定する事業に参画する資格のことをいうのだという“常識”の欠如が、こういう脳天気な考えにつながっているものと思います
その国のために戦えるか」が国籍の本質だと思います(
日本を弑する人々 国を危うくする偽善者を名指しで糺す

自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならないのです。決死の覚悟なくしてこの国は守れません。

 https://youtu.be/dLVmLzDiXZ0?t=1m24s

安倍晋三 自民党総裁 内閣総理大臣

(稲田朋美・森雅子の二人について)こういうことを言うと、多少、自民党内では波紋を呼ぶと思うが、まだまだたくさん総理候補はいますが、お二人はきわめて有力な候補者だろう。安倍首相、森氏・稲田氏を「きわめて有力な総理候補」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ2K6VRDJ2KUTFK00Y.html

ちなみに安倍晋三は、内閣官房長官時代に、日本人を食い物にしてきた韓国のカルト「統一教会」に祝電を送っています。

岸信介総理大臣のお孫さんであり現内閣官房長官、衆議院議員の安倍晋三様・・・祝電をいただきました。


【拡散希望】 自民党安倍晋三氏 統一教会人身売買... 投稿者 tairanomunemori

2,002年の早稲田大学の講演会では、次のような発言をしています。

有事の際に、自衛隊の活動とか国の活動において、皆さんの国民の権利、基本的人権が一時制約されるのではないか、ということです。これは制約されます。(略)パレスチナを見てください。国家が崩壊したら、彼らの人権を誰が担保するんですか。権利を担保する国そのものが存続の危機を迎えている時には、それは当然、ある程度我慢をしなければならない。そういう理屈が当然だと思う(情報速報ドットコム

憲法上は原子爆弾だって問題はない。小型であれば。(- Japan Real Time – WSJ)

2015年の発言なので覚えているかと思いますが、こういうのもありました。

「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」(LITERA/リテラ http://lite-ra.com/2015/12/post-1830_5.html)

長瀬甚遠 元法務大臣 (第一次安倍政権時)

2012年5月10日、創生「日本」(安倍晋三会長) 東京研修会 第3回での元法務大臣の「自民党会見草案」による発言です。

「国民主権。基本的人権。平和主義。これは堅持する。」と言っているんですよ。皆さん,この3つは,マッカーサーが日本に押し付けた戦後レジームそのものじゃないですか。この3つを,なくさなければですね,本当の自主憲法にならないんですよ。

ちなみに、この会合には安倍会長も当然出席しています。

西田昌司 参議院議員

「朝まで生テレビ」で「そもそも国民に主権があることがおかしい」と言ったらしいですが、本人も認めているように「日本国憲法無効」論者(=明治憲法有効論者)なので(https://www.youtube.com/watch?v=AVSOpyXzYFc、「国民主権」を否定するのは当然でしょう。

私は(日本国)憲法を認めていません。

麻生太郎 副総理(追記)

(ナチスについて)誰も気が付かずに(憲法が)変わったんだから。あの手口に学んだらどうだね?

 

さいごに

まだまだいろんな参考になる発言がありますが、今回はこれぐらいにして、最後に一つだけ。

マスコミで出てくる自民党とは、また別の側面を知ることができたと思います。

以前の自民党とは相当に変質しているというのは事実ですが、その理由をベストセラーになった菅野完著「日本会議の研究」を読めば、かなりの謎は解けます。

簡単に言うと、安倍政権に非常に大きな影響力を及ぼしている、日本会議や日本政策研究センター、そして数人の国会議員、それらがすべて「生長の家」という新興宗教から離脱した原理主義者カルト集団であることを立証した本です。ちなみに、冒頭にあげた次期首相候補 稲田朋美も、生長の家原理主義につながる人脈です。

ぜひご購入して、ご自身の目で確かめてください。

追記

2012年の自民党改憲草案について、わかりやすい解説書が出ました!これも超お勧めです。みなさんで一緒に、自民党の目指す憲法の在り方について学びましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿